logo


金融ウェビナー
第15回:グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 – 今だからできるサービスと日本への示唆



第15回:グローバルのイノベーションにみる保険の新たな姿 – 今だからできるサービスと日本への示唆

保険業界にも凄まじいデジタルトランスフォーメーションの波が押し寄せており、従来では想像もつかなかったような新しい商品・サービス・プラットフォームが続々と生まれています。国内外の先進的な保険会社やインシュアテック企業は、どのようなイノベーションをどのようにして起こしているのでしょうか?

パリに本部を置くNPOの“Efma”とアクセンチュアは、2016年から「保険イノベーションアワード」を共催、全世界から最新のイノベーション事例を募り、優れたものを表彰しています。6月25日にアムステルダムで行われた授賞式では、6つの部門の受賞者と最高賞の「グローバルイノベーター」が発表され、日本企業では日本生命様が「カスタマーエクスペリエンス」部門で金賞を受賞されました。

今回は、EFMAの日本におけるシニアアドバイザーで、本アワードの審査員でもある牧野司様をお迎えし、保険業界のイノベーションについてご紹介いたします。牧野様からは、アワードの受賞者や日本からの応募事例の中から選りすぐりのイノベーションを独自の切り口からご紹介頂くと共に、弊社保険グループプグローバル統括である柴田からは、イノベーションのトレンドや日本への示唆についてお話いたしします。

是非同僚の方々と共にご視聴下さい。

このセッションで聞けること
 ・ グローバルでの革新的な取り組み事例
 ・ イノベーションのトレンド
 ・ 日本への示唆

概要
: 2019年8月28日(水) 
時間: 17:00
所要時間: 1 時間 (オンラインセミナー形式)
費用:無料(事前登録制)

講演者

Makino_san_Image.jpg
EFMAシニアアドバイザー、慶應義塾大学訪問教授、東京大学大学院非常勤講師、筑波大学大学院客員教授、フリーランサー 
牧野 司様

東京海上日動火災保険のIT部門、経営企画部門および東京海上研究所で「テクノロジカル・シンギュラリティ」など最先端の技術動向の調査・研究を行った後、2018年12月に同社を定年退職。現在は慶大、東大、筑波大などで教鞭を取り、EFMAシニアアドバイザーや各種研究会の委員を務めるほか、講演、ワークショップ、コンサル活動を行っている。2016年7月、シンギュラリティ大学・エグゼクティブプログラム卒業

2Shibata, Naoyuki_04_AIR-Aug2018.jpg
アクセンチュア株式会社 
執行役員
金融サービス本部 
保険グループグローバル統括 
柴田 尚之

大手国内生損保、外資系生損保に対するデジタル変革や各種改革プロジェクトに多数従事。戦略立案からシステム化企画、導入、定着、アウトソーシングまでビジネスケースを成立させる全てのステップを一貫してリードしている。特に近年は最新テクノロジーを用いたイノベーション・デジタル変革、組織変革、デジタル人材育成、海外事業戦略、アウトソーシングなど、保険会社の成長を支援。2014年5月アジア・パシフィック保険グループ統括、2018年9月保険グループ グローバル統括、2019年7月執行役員に就任。

過去のウェビナー、また開催予定のウェビナー詳細はこちら

※同業他社、個人の方などのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。 
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。




【個人情報の保護について】

個人情報の利用目的
アクセンチュアは、皆さまからご提供いただいた個人情報を、以下の目的および用途のために利用・管理し、この範囲を超える取り扱いはいたしません。

  • 製品およびサービスに関する情報提供やアンケート調査(電話、e-mail、郵送など)
  • セミナーのご案内(電話、e-mail、郵送など)

個人情報の取り扱い
アクセンチュアの個人情報の保護に関する基本方針および個人情報の取り扱いについては、以下のリンク先をご確認ください。