logo


デジタル変革を学ぶ
製造・流通業界デジタル・セミナー



グローバリゼーションを成功に導く6つのパスウェイ
~時価総額10兆円超の多国籍企業に共通する成長モデルとは~


講演内容:

2019年~2030年はアジア太平洋地域が世界経済の成長エンジンとなり、ますます大きく成長することが予測されています。日本企業にとっては、未曽有のチャンスであるとともに、欧米企業やアジア企業との競争が激化するピンチでもあります。この大競争に打ち勝つために、日本企業は、過去20年に欧米の多国籍企業(MNCs)が実践した構造改革から多くを学び、自社の構造改革に活かしていくことが不可欠です。
未来の成長に向けた日本企業への教訓として、欧米企業が成し遂げたこと、また日本企業が成し遂げられなかった「グローバリゼーションパスウェイ」について解説します。

キーワード:

  • 1980年代以来、過去40年間の取り組みを実証研究
  • 時価総額10兆円を超した多国籍企業の成長モデルに共通する6つのパスウェイ(道筋)を導出
  • マーケティング、サプライチェーン、R&D、Finance、組織・人材、ITにおいて、日本企業は次に何をすべきか
  • 国際化(Internationalization)とグローバリゼーションの違いとは
  • 特に、グローバルリーダーはいつ・どうやって育成すべきか

概要:
: 2019年5月10日 
時間: 17:00-18:00
所要時間: 1 時間 (オンラインセミナー形式)
費用:無料(事前登録制)

講演者:

Accenture-Akabane.png

アクセンチュア株式会社
製造・流通本部
マネジング・ディレクター
赤羽 陽一郎

※同業他社、個人の方などのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。 
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。



【個人情報の保護について】

個人情報の利用目的
アクセンチュアは、皆さまからご提供いただいた個人情報を、以下の目的および用途のために利用・管理し、この範囲を超える取り扱いはいたしません。

  • 製品およびサービスに関する情報提供やアンケート調査(電話、e-mail、郵送など)
  • セミナーのご案内(電話、e-mail、郵送など)

個人情報の取り扱い
アクセンチュアの個人情報の保護に関する基本方針および個人情報の取り扱いについては、以下のリンク先をご確認ください。